左へ 右へ

一気通貫施工

事業性検討から、電力会社や関係官庁への各種申請・折衝、発電所の建設や保守・サポートまで、太陽光発電所の建設に関わるサービスを一気通貫でご提供いたします。ikki-02

スプリンクラーシステムによる圧倒的な発電効率

ソーラー(太陽光)パネルは表面が高温になると発電力が下がります。 資源エネルギー庁の研究によれば、50℃までパネル温度を下げた場合、1日の発電量が約13%アップするという結果が報告されています。 そこで弊社は、独自の散水ノウハウを駆使したスプリンクラーシステムを開発し、自社のメガソーラーにて実証実験を行っています。
独自のスプリンクラーシステムで発電量約13%アップ(設置状況によっても変わります。)
top1 top2
パネル5,320枚に260基のスプリンクラーを付設し、
マイコン制御で自動的に散水を実行。
promo04-1024x336
年間を通じて約16℃の井戸水を自動で散水する、ハヤシ独自のスプリンクラーシステムを設置しています。
この散水により、冬は雪や氷を融かし、夏はパネル表面を冷却することができますので、発電効率がアップします。

売電単価14円に対応した納得の利回り

弊社では太陽光発電システム中心となるPVモジュールのメーカーと直接、代理店契約を結んでおります。
また、工事工法などさまざまな業種のノウハウを生かし、設備のクオリティを維持しつつも、安価に供給する事が可能です。土地や設置場所によってもさまざまですので、ぜひ一度御声掛け下さい。
2020年2月22日

岐阜県大垣市開発町に、1,023kWの大垣管材(株)開発町発電所が完成致しました!(2020.2.19 通電)

当発電所はJINKO-SOLARの単結晶ハーフカットモジュールを採用し、高効率で発電を行います。
年間発電出力は約1,250,000kWhで約300世帯分の電気を生成します。

〔仕様〕
パネルメーカー:JINKO-SOLAR
パネル種類:単結晶ハーフカットモジュール
パネル型式:JKM330M-60H
パネル出力:330W/枚
パネル枚数:3,100枚
総出力:1,023kW(約1MW)
年間発電量:約1,250,000kWh/年
対応世帯数:約300世帯